ドキュメンタリー

【ドキュメンタリー】尾崎将司56歳 復活への闘い

27 11月 , 2013  

 通算113勝、生涯賞金約26億円。日本のトップゴルファーとして数々の栄光を手にしてきた尾崎将司(56)。しかし、ここ3年間で優勝2回と勝利から見放され久しい。プロ34年間、もう一度勝てる自分を取り戻したいと復活へ向けての尾崎の闘いが始まる。

尾崎将司

■クラブとは「自分の刀」である

 ゴルフの為のあらゆる施設が揃えられている尾崎邸。まさに小さなゴルフ場のようである。 そこで尾崎は日々の鍛錬を怠ることはない。ここ数年の成績はふるわないものの、56歳という年齢でトッププロとして闘い続けること自体、十分に凄いことだ。しかし、尾崎はそのことに満足してはいない。もう一度全盛期の自分に。いや、それを上回らなくては闘い続ける意味がないと思っているのだ。
尾崎の自宅には工場と呼ばれる部屋もある。ここでは契約メーカーから送られてきたシャフトやヘッドを自らクラブに組み上げているのだ。なぜなら、尾崎にとってクラブとは「自分の刀」であり、そのクラブに魂を込める作業を他人任せにすることは出来ないからだ。
そして、自宅の中で一番大事にしている書斎へ通された。デスクの後ろを囲むようにたくさんの歴史小説が並ぶ。尾崎はいにしえの剣豪、武将たちの生き様に自分を照らし合わせているかのようだ。「最後の最後まで生き残る。人の目を引き戻すんだよ」と強い意欲をみせる。

■理想に近づけるクラブを手に入れて‥‥。

 2003年3月、復活をかける尾崎は沖縄でキャンプを張った。二週間、みっちりと打ち込みスイングの形を決めていく。そしてこのキャンプ期間中に新たなクラブを作り上げることを最大の目標としていた。特にこだわったのはドライバーである。飛距離を伸ばすためにクラブのヘッドを重くすることに重点をおいていた。
試行錯誤を繰り返し、尾崎はようやく納得のいくウェイトバランスを見つけ出した。新しいドライバーは全部で3本。どれもD6を越えた重量感のあるものとなった。早速出来上がったドライバーを手にコースに出てその仕上がり具合を試した、その飛距離は誰もが驚く300ヤードを遥かに越えるスーパーショット。尾崎の理想「飛距離と正確さでアドバンテージをとる」に近づけるクラブを手に入れたのだ。

■王者は死なず。彼が挑戦者である限り。

 4月3日。東建ホームメイドカップ。ツアー開幕、尾崎が復活をかけたシーズンのはじまりである。しかし、決勝ラウンドは雨と寒さのため思うようなティーショットが打てない。結局、開幕戦は4オーバーの31位タイという不本意な結果に終わった。望む結果がそう簡単に出せるはずもない。
尾崎は試合から帰ると休む間もなくトレーニングを開始、常に前向きな姿勢をみせる。そして迎えた開幕4戦目フジサンケイクラシック。初日から好スコアを出し、3位タイで最終日に。十分復活を感じさせる10アンダー4位タイの好成績を残した。尾崎は「これからだね」と自信を覗かせていた。
王者は死なず。彼が挑戦者である限り。尾崎将司56歳。今新たなる伝説が始まった。

More…

ドキュメンタリー

【ドキュメンタリー】人生の歩き方 やなせたかし

15 10月 , 2013  

1919年、高知県生まれ。漫画家。
東京高等工芸学校(現・千葉大工学部)卒。漫画家を目指しながらデザイナーとして仕事を始め、その後、舞台美術、作詞、放送作家など、さまざまな仕事をす
る。73年、絵本『あんぱんまん』を刊行。同年、雑誌「詩とメルヘン」の責任編集を担当。88年、アンパンマンのテレビアニメ化で人気が爆発し、現在に至
る。本職の漫画家、絵本作家のほか、詩人、イラストレーター、舞台演出、舞台美術などさまざまの顔を持つ。アンパンマンの主題歌や挿入歌の作詞・作曲も手
がけている。日本漫画家協会理事長。

More…

ドキュメンタリー

【ドキュメンタリー】地図から消された毒ガス製造の島  大久野島

30 9月 , 2013  

大久野島(おおくのしま)は、瀬戸内海に位置する島で、芸予諸島の1つ。広島県竹原市忠海町から沖合い3キロメートルに位置し、周囲は4.3キロメートル。1934年(昭和9年)に瀬戸内海国立公園に指定されている。

「地図から消された島」や「毒ガス島」などと呼ばれ、第一次世界大戦以降の化学兵器製造の実態を今に伝えている。また近年では多数のウサギが生息することでも知られ、ウサギ島とも呼ばれる

More…

ドキュメンタリー

【ドキュメンタリー】戦闘機パイロットへの道

23 9月 , 2013  

 幼い頃に憧れた戦闘機。俊敏に大空を翔ける姿、轟音を響かせながら空の彼方に飛び去っていく勇姿は、子供心を鷲掴みにした。

 航空自衛隊浜松基地、第31教育飛行隊では、戦闘機パイロットを養成するため、日々若者たちに厳しい訓練を課している。高校や大学を卒業して間もない若者たちは、航空学の基礎から練習用のジェット機を使った飛行訓練まで、およそ3年間にわたる厳しい訓練を受けることとなる。そして、幾度となくふるいにかけられ、その中で残った者だけが“ウイングマーク”と呼ばれる、パイロットとしての称号を手にすることができる。

 番組では戦闘機パイロットを目指し、ウイングマーク取得にかける2人のパイロット訓練生に密着した。生まれて初めて飛行機の操縦桿を握ってから、わずか1年半たらず。限られた時間の中で、戦闘機パイロットとしての素質を見極めるため、訓練生たちに過酷な訓練の数々が襲い掛かる。

コックピットをフードで覆い、視界が奪われた状態での飛行訓練・・・
強烈なGを発生させ、体重の7倍にも及ぶ重力を受け続ける訓練・・・

教官から素質がないと見なされれば、パイロットの道が完全に絶たれてしまう非情な世界で、互いに励まし合い、切磋琢磨しながら、夢を追い続ける2人の若者。

戦闘機パイロットを目指して闘ってきた男たちが、運命の瞬間を迎える!

More…

ドキュメンタリー

【ドキュメンタリー】400本塁打を達成した、中村紀洋

22 9月 , 2013  

プロ野球史に残る、大記録が刻まれた。
その記録を打ち立てたのは…
横浜DeNAベイスターズ・中村紀洋 39歳。

しかし、中村の記録達成は、史上最も遅いペース。
幾多の困難のすえに成し遂げられたものだったのだ。

中村のプロ野球人生は壮絶な試練の連続だった。
2度の戦力外通告。

しかも、シーズンが開幕してもなお、無職のまま。
中村はどん底に突き落とされた。

そんな地獄を見た中村が、なぜ復活できたのか。
大記録達成の裏に隠された真実とは…。

プロ野球生活21年、不死鳥のように蘇った男の波乱万丈の野球人生を追った。

More…

ドキュメンタリー

【ドキュメンタリー】陸上自衛隊 レンジャー教育課程

10 7月 , 2013  

基礎体力練成からすでに24時間昼夜の区別無く行われるという。
映像に写っている訓練はそのごく一部です。レンジャーバッチの
中央のダイヤはどんな状況でも任務を遂行する「硬い石(意思)」を
現しています。

More…

ドキュメンタリー

【ドキュメンタリー】セックス・ボランティア 満たされない心と満たされたい欲

18 6月 , 2013  

 例年よりも早い春の訪れに街中が浮かれた3月某日。私が訪れたのは、さいたま市に住む脳性マヒ当事者、細谷さん(仮名)。脳性マヒを持って生まれた彼は、現在も24時間体制で介護の手を借りながらも1人で暮らしている。

 「いらっしゃい」。畳に突っ伏すような姿勢で笑顔の細谷さんが出迎えてくれた。上半身を腰から90度折り曲げ、顔と畳の距離はわずか20、30センチだ
ろうか。「初対面の人の場合、言葉を聞き取るのはかなり難しいですよ」。取材にさし当たりそう伝えられてはいたものの、会話もろくに聞き取れない、という
のが第一印象だった。

 ゆっくり話すのが良いのか、でもそうすると特別扱いしているように受け捉えられるだろうか……。普段でこそ偏見というものをあまり持たずに生活しているつもりでも、目と耳から入ってくる〝普通とは違う〟という情報を、私の頭はうまく判断できていないようだった。

ホワイトハンズ公式ホームページ

More…

ドキュメンタリー

【ドキュメンタリー】日本代表トルシエJAPAN 密着ドキュメント【W杯】

5 6月 , 2013  

2000年アジアカップから2002年W杯までの日本代表密着ドキュメント。
W杯とユーロを連覇し、当時世界最強黄金時代を迎えていたフランス代表とのアウェーでの大敗をキッカケに、世界基準W杯で戦える日本代表の模索が始まり、平均年齢24歳若き日本代表は、2002年W杯本大会で初勝利・初決勝T進出を果たす。

More…