文化

【トリビア】スキーのジャンプ台でタイヤをころがしたら【動画】

14 12月 , 2013  

今回の実験の場所は、高低差が100mある秋田県花輪スキー場のノーマルヒルのジャンプ台です。71mの踏み切り台から飛び出し、その飛距離を測ります。
助走のスピードはスピードガンで測ります。また、踏み切り台には通常のジャンプ競技で理想とされる踏み切る手前1mから30度のジャンプができるための
ジャンプ台を設置します。使うタイヤは軽自動車のタイヤ・セダンのタイヤ・スポーツカーのタイヤ・10トントラックのタイヤ・F1のスリックタイヤ・重機
のタイヤの6種類で、もっとも飛距離が出たタイヤの記録をとります。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です